便秘に困っているすべての方へ

ヘッダー

健康な便の形と不健康な便の形

    

便の状態を毎日調べている人なら、便の色だけではなく便の形についても注意を払っているのではないかと思います。

毎日便が水のようにビチャビチャの下痢だったら、自分の体調が心配になります。今回は、便の形と健康状態について説明していきます。

 

バナナの形

バナナの形の便は健康な便の形の代表格でしょう。

イメージ通りバナナ形の便は健康の証拠です。理想的な便はバナナ形で褐色の便です。

もちろんこの形の便の臭いはあまりしません。そして、滑らかに肛門を通過して、その後に紙で肛門部を処理しなくてもよいというのが最良だといいます。

このタイプの便が出ている人は、腸が健康な証拠なので心配しなくてもよいでしょう。

 

ペーストの形

ちょっと軟便気味ですが、スムーズに排便ができるタイプの便です。

形が整っていますが、便器の水の中に便が広がります。これ以上柔らかい場合は下痢と判断することができ、注意が必要です。健康な便の形と不健康な便の形の中間の状態だといえるでしょう。

 

泥水の形状

水分を主に含有した便。またの名を下痢といいます。不健康な便の形の代表の一つです。

寝冷えや暴飲暴食をすると、下痢になります。また、冷えた食べ物を摂取すると、体が吸収を拒絶して下痢となります。このように下痢は、消化器が吸収できないものを早急に体の外に出そうとする反応なのです。

下痢が連続すると体力も低下します。この場合は安静にして、症状が悪化するようようであれば、病院にかかることを考えましょう

 

コロコロタイプ

コロコロ形の便。これも不健康な便の形です。便秘の人は、大体この形の便をします。硬いので、排便時間が拷問のようになります。

そして、硬くて大きい便になると肛門の入れ口を傷つけるので、切れ痔になってしまう場合があります。硬い便になる原因は、食物繊維を多く含む食物を食べていないことが考えられます。便の硬さをやわらげるには、食物繊維を多く含む野菜、乳酸菌などが効果的です。

 

ウサギの糞のような便

この便の形なら、腸が長時間ストレスにさらされていることが考えられます。また過敏性腸症候群の可能性も否定できません。早めに、専門医に相談しましょう。

 

まとめ

便の色と同じように、便の形状も消化器の健康状況を示してくれるものになっています。健康な便の形と不健康な便の形を覚えて、食道、胃、腸の健康に気を使っていきましょう。