便秘に困っているすべての方へ

ヘッダー

りんごが便秘解消に良い理由。カリウムも同時に摂取できる!

    

りんごが便秘解消に良い理由

りんごが便秘解消に良い理由は、食物繊維が含まれているからです。食物繊維には便に水分を与えてやわらかくしてくれたり、腸内の老廃物を絡め取って便と一緒に体外に排出する働きがあります。

食物繊維と一口に言っても、水溶性と不溶性があります。老廃物を絡めとるのは、水溶性食物繊維の働きです。粘性があるので、それによって老廃物を絡め取って体内を掃除してくれます。りんごにはアップルペクチンという水溶性食物繊維が含まれています。

水溶性も不溶性もどちらも発酵性がありますが、水溶性食物繊維の方が発酵性は高いです。水溶性食物繊維が大腸内で発酵・分解されると、ビフィズス菌などの善玉菌が増えて腸内環境が整います。

不溶性食物繊維は水に溶けにくく、水分を保持する力が強いです。胃や腸のなかで水分を含んで膨らみ、腸のぜん動運動を促して便秘を解消してくれます。

ただし、不溶性食物繊維は摂りすぎると便のかさが増えて、かえって便秘を悪化させてしまうことがあるので摂りすぎには注意が必要です。

りんごのオリゴ糖に秘密あり?

りんごを加熱して食べるとオリゴ糖という善玉菌のエサが増えて、腸内環境のバランスが整いやすくなります。これは便秘にも下痢にも効くとされています。

便秘と下痢は結果は違いますが、原因はどちらも腸内環境が崩れていることなので、それを改善してあげることでどちらの改善効果も期待できます。

りんごの皮こそ効果的?

リンゴ酸やクエン酸といった糖類は腸のぜん動運動を促してくれます。食べる時には、皮ごと摂取すると良いです。実よりも皮のほうが食物繊維やビタミンが多いからです。

ただし、皮ごと食べる時には農薬がついていないことを確認する必要があります。無農薬のものを選ぶのが一番良いですが、それが無理ならばよく流水で洗ってから食べるようにしましょう。

カリウムも同時に摂取可能!

りんごは腸内環境を整えて便秘も下痢改善してくれる果物です。それに加えて、カリウムも摂取できるというメリットがあります。カリウムは塩分の排出を促してくれるミネラル分です。

高血圧の人は血中のナトリウム量が多すぎて血管に負担がかかってしまいます。ナトリウムを尿と一緒に排出する作用を高めてくれるので、高血圧の改善にも有効です。

高血圧の人が便秘でいきんでしまうと、血圧が急上昇して危険な状態になることもあるので、あわせて改善しておきたいものです。

ただし、腎臓が悪い人はカリウムがうまく排出できず、高カリウム血症を引き起こしてしまう危険性があります。これになると痺れ、嘔吐やなどの神経症状が起こることがあるので、注意が必要です。