便秘に困っているすべての方へ

ヘッダー

人間の毒素の排出方法。トイレが9割以上も占める?

    

人間の毒素の排出方法は基本的には便や尿からなのでトイレで排出されることが多くなっています。毒素が非常に強いものの場合には嘔吐をすることで排出をすることもありますが、ウイルスや細菌によって起きることが多いので、普通に食事を食べた場合には腸から栄養分が吸収されて、肝臓で解毒が行われて尿や便として排出されます。

便秘になると毒素を含んでいる便が腸内に長く留まるので吹き出物やニキビの原因になるとされていますが、これは毒素によるものではなく、腸の栄養吸収が阻害されることで吹き出物などができやすくなります。

人間が毒素を吸収してしまうのは口からだけでなく、皮膚や粘膜から体の中に取り込んでしまうことも多いので、ウイルスや細菌に関しては、飛沫感染や接触感染が多いので、毒素の種類によって排出方法は異なっています。

毎日の食事に含まれている毒素は基本的には肝臓で解毒されるので、無毒化されて体外に排出されるのですが、アルコールを飲み過ぎると肝臓での解毒能力では無毒化できないので二日酔いなどになることがあります。

二日酔いは頭痛や吐き気、倦怠感などの症状がおきますが、これらの症状は解毒されなかった毒素によるもので、肝臓による解毒能力が低下していると、一日中倦怠感などの症状が起きることになります。毒素を効率的に体外に出すためには有酸素運動をするなどして血液の流れを良くすることが重要で、筋肉を鍛えることで肝臓のエネルギー源が蓄えられるので、とくに筋肉が減少する中高年は週に2回程度の筋力トレーニングをして、筋肉を維持することで強い肝臓を作ることができます。

トイレで毒素が体外に出されるのですが、室内との温度差があると血圧が上がりやすいので、トイレで意識障害を起こすことが多くなっていて、とくに高齢者の場合には和式トイレを使用することで一時的に高血圧になるので、脳梗塞や心筋梗塞を起こしてしまうことがあります。人間にとってトイレは非常に重要な役割があるのですが、正しく使用しないと高血圧の原因になるので注意が必要です。

また人間は汗にも尿の成分が含まれていますが、塩分と水分が多いのでアンモニア臭がすることはありませんが、腎臓病などの場合には汗からアンモニア臭がすることがあるので注意が必要です。また太っている人の汗には脂肪が多く含まれているので、細菌が繁殖しやすい状態になっていて、通常の体形の人に比べると臭いの発生が早くなる傾向があります。