便秘に困っているすべての方へ

ヘッダー

便秘1週間になるとどれだけ危険?早めに解消するために心がけたいこと

    

便秘がちという人はかなりの数いますが、あまりに長く便秘になってしまうと、危険ということがあるのをご存知でしょうか。

便秘という人の中では、3日ほど出ていないという人もいれば、1週間ほど出ていないという人などそれぞれにお腹の状態が違います。とはいえ1週間出ていないという人は、病気につながる可能性もありますので、できるだけ早めに便秘解消を行うということが必要です。

たとえば、便秘でどういった症状が発症するのかということですが、たとえば腹痛ということはすぐに想定されることとなります。しかし実はそれ以外にもさまざまな症状を引き起こすということにもなります。

便秘による症状としては、発熱、嘔吐、頭痛などがあげられます。便秘によって食べたものが、胃に溜まってしまうということになり外に排出されないということになるため、腸内でガスが発生し、おならがとてもたくさん出るという事もあります。

また胃腸の動きも停滞してしまうということになり、食欲不振、またそこから食べたものを嘔吐するなどの症状にもつながります。

発熱を伴う体の不調も出てくるということがあります。

こういった症状の発症により、風邪を引いたのではないかというようにまず思う人も多いのではないでしょうか。熱や、吐き気、体調不良というものは、確かに風邪の症状に非常に似ているということがあります。

しかし、実際は便秘によって引き起こされることがあるので、それに気が付かなくてはなりません。

できるだけこういったことにならないようにするためには、早め早めの便秘解消を行うということが必要です。

まず食生活の改善をするという事から始めてみましょう。野菜を摂取する、また便秘に聞くといわれているような食材を積極的に摂取するという事も必要です。

さらには運動面で自分の生活リズムを見直していきましょう。
運動をしていない、また腹筋が弱いという人は、特に改善をする必要が出てきます。

定期的にウォーキングをしたり、また腹筋を鍛えることによってスムーズな排便をすることが出来るようにもなりますので、意識的に運動をするように心がけましょう。

また、毎日定期的なトイレタイムを作るということも意識して行いましょう。どうしても忙しいと、朝のトイレタイムを取るのも避けがちです。

しかし、定期的にトイレタイムを取ることで、体の意識付けやリズムというものも整ってきます。

長い時間トイレに腰を掛蹴る必要はなく、出なければ5分ほどで切り上げるということでも大丈夫ですので、きちんと毎日行うということが大切なこととなります。