便秘に困っているすべての方へ

ヘッダー

妊娠中の下痢や便秘

    

妊婦が下痢や便秘に悩まされる状況は、深刻な状況であるといえます。この状態が継続すれば、大きなストレスに日常的に晒されることになり、その結果胎児にも悪影響が出てくることが考えられます。今回は妊娠中の下痢や便秘についてです。

過敏性腸症候群について

過敏性腸症候群はストレスによって胃腸の調子を崩す病気です。病院に行っても具体的な理由が分かるわけではありません。しかし、所構わず症状に見舞われることになるので、負担の大きい病気だと言えます。
また、女性の場合妊娠中に起こりやすくなると言われています。

大腸がんの可能性も

下痢と便秘を長期間交互に繰り返す場合、大腸がんの可能性もあります。排便時に便に血が混ざっている場合、このがんを疑う必要があります。
また、便の表面に血がついている場合は、痔である可能性があります。しかし、長期間に渡ってその状態が継続している場合は、すぐにお医者さんの診察を受けたほうが良いでしょう。

下痢と便秘を繰り返す場合の症状の良くするためには

まず、最初に生活習慣を改善しましょう。

特に早寝、早起きをして生活リズムを整えることが大切です。そして、3つの食事を規則正しく食べることが大切です。このように生活リズムを整えることによって、便秘と下痢の症状が改善される可能性が高くなります。

また、ストレスを貯め過ぎないことが大切です、そのためには、お友達と楽しくおしゃべりをしたり、自分の趣味に没頭したりできる環境を整えることが大切です。

次に、暴飲暴食を避けましょう。特に、アルコールの飲み過ぎは厳禁です。また、脂質の多い食事は消化器に負担を強いますので、避けるようにしましょう。そして、休息を多く摂りましょう。特に、妊婦は色々なエネルギーを消費しているので、多めの睡眠時間が必要になるからです。

まとめ

ちなみに女性が妊娠すると、黄体ホルモンの状態が大きく乱れることが多いです。その結果、便秘になりやすいと言います。このホルモンの状態を改善するためには、ビタミンEを多く含有する食品を摂取すると良いです。