便秘に困っているすべての方へ

ヘッダー

赤ちゃんの便秘の原因や解消法

    

赤ちゃんも人間なので、便秘に悩まされます。しかし、赤ちゃんは自分の力で食事、運動をすることができません。大人よりも、便秘を解消することは難しいといえると思います。赤ちゃんの便秘を解消するためには、どんなことに注意していけばよいでしょうか?

赤ちゃんの便秘の原因について

母乳やミルクの量が足りないことが赤ちゃんの便秘の原因として考えられます。生後2~3か月の頃に便の回数が減る赤ちゃんがいますが、生理現象であるので乳をよく飲み体重が増加しているようであれば問題はありません。

脂肪分が多い母乳でも赤ちゃんは、便秘になると言われています。母親が肉類ばかり食べていると、母乳の成分も脂肪が多くなります。このような場合は、食物繊維を多く含む野菜をメインにした食事を多く摂ることによって、母乳の質を改善させる必要があります。

また、水をこまめに摂らないと母乳に含まれる水分が少なすぎて、赤ちゃんの便秘を悪化させることになります。これを解決するには、哺乳前にこまめに水分を補給する必要があります。

運動不足で便秘に

大人と同様に、赤ちゃんも運動不足によって便秘になります。まだ自分の力で運動することができないので、母親が運動の手助けをしてあげる必要があります。下腹部へのマッサージ、足を動かす運動、そしてベビーカーに乗らせて散歩させるといった運動が良いと言われています。

離乳食が引き起こす便秘

離乳食は、赤ちゃんに便秘を引き起こすこと言われています。何故なら、離乳食は母乳に比べて水分不足であるからです。また、離乳食が腸の環境を大きく変化させてしまい便秘が悪化する場合もあります。

この場合、良くない状態が続くのであれば、助産師や医師に相談することをお勧めします。

お尻の痛みでひきおこされる便秘について

オムツの摩擦によってひきおこされた切れ痔は、新生児にとっても深刻な問題になります。排便時に痛むので、排便を避けるようになりその結果便秘になります。オムツによるかぶれでも便秘が悪化することがあるので、お尻のケアに注意していく必要があります。

まとめ

新生児でも便秘の症状が出ることがあります。特に離乳食を食べるようになってから、その症状がでてくることがあるので、もしも症状が悪化したら早めに病院で相談するようにしましょう。