便秘に困っているすべての方へ

ヘッダー

難消化性デキストリンの効果とは。特保で有名な成分に迫る

    

難消化デキストリンとは?

難消化性デキストリンは、日本人の食物繊維不足を解消するために作られた成分です。ですから栄養としては食物繊維に該当します。ただし作られたと言っても化学物質などを合成して作ったと言うわけではなく、その基本はトウモロコシやジャガイモなどのでんぷんです。

難消化デキストリンは、このでんぷんを焙焼して、アミラーゼを加えてそれを分解してできます。そしてその中の難消化性成分だけを取り出して、調製された水溶性の食物繊維が難消化性デキストリンとなります。

天然の野菜が原料ですから、体に対しての安全性が高いのが魅力の難消化性デキストリンですが、魅力はこれだけに留まりません。

難消化デキストリンの効果は?

実は難消化性デキストリンは、健康に特定の効果が期待できると認められた食品にのみ許可されている、特定保健用食品に該当しています。では、どのような効果が期待できると認められているのでしょうか?

まずは整腸作用です。難消化性デキストリンが食物繊維であることからも、これは理解できると思われますが、特に水分を抱え込み保持する力に優れているため、この作用が大きいとされています。

便の柔らかさを保ち、便の通過時間を短縮させることで便通を良くすることが認められています。ただしお腹がもともとゆるいと言う方、下痢気味な方は、逆にこの効果がデメリットとして出てしまうことも考えられるので注意が必要です。

それから血糖値に対する作用です。食事から摂取された糖分は体内でブドウ糖に分解され、小腸に吸収されます。この際に、難消化デキストリンがその吸収スピードを緩やかにすることが実験などによって明らかにされています。糖の吸収が急激に行われると、血液中の糖分濃度も急上昇してしまいます。これは体に対してはとても負担が大きなことで、糖尿病を招く要因のひとつにも該当します。

ですから食事と共に難消化性デキストリンを摂取することは、血糖値コントロールにも一定の効果が期待できます。ただし、これだけではなく食事内容に気をつけることも、血糖値コントロールには必要なことです。

食事と一緒に摂取すればより効果的

そして難消化性デキストリンには、食事と一緒に摂取することで、食事に含まれている脂質の吸収を遅延させる作用があることも明らかになっています。

これは、食後の中性脂肪の上昇を防ぐことにもつながります。中性脂肪が上昇すると、やがては血管にコレステロールがたまる動脈硬化が発生して、様々な疾患を引き起こすこともあります。

これ以外にも内臓脂肪の軽減、ミネラル吸収を促進する作用なども認められていますから、難消化性デキストリンは、健康食品として上手に利用したい存在です。