便秘に困っているすべての方へ

ヘッダー

便秘に下剤を使うなら、タケダ漢方便秘薬やアローゼンがおすすめ

    

男性には少ないのかもしれませんが、女性で便秘で悩んでいる人は多いはずです。慢性の便秘に悩んでいる人は、病院に通っているような人もいます。

便秘の悩みは辛いわけですが、その解消法には下剤としていろいろな薬があります。例えば、タケダ漢方便秘薬やアローゼンです。こうした下剤には、それぞれ特徴がありますので、かかりつけの医師と相談してよりベストなものを選んでください。

慢性の便秘なら迷わず下剤を

便秘かなって思ったら、慢性の症状の場合は、仕方なく便秘薬を使います。ここまではいいんですが、便秘ではないのに、便秘薬を使うのはあまりいい使い方ではありません。

というのも、便が出る状態なら自然の排便に任せたほうが、体にとってはいい影響があるからです。病院で出される薬ならば、その効果も強いわけですから、よほどの便秘症でない限りは、市販の便秘薬を使ってスッキリするようにしましょう。

ここでは、一般によく知られていて、医師も勧める人気の便秘薬を紹介しています。いくつかありますが、例えば、タケダ漢方便秘薬やアローゼンといった薬です。タケダ漢方便秘薬はその名の通り生薬が配合されています。そして、タケダ漢方便秘薬は市販薬で薬局やドラッグストアでも購入できます。

対して、アローゼンは、大腸刺激性の下剤で、アントラキノン系に分類されています。アローゼンは医薬品としても処方されます。他にもスルーラックやコーラックがありますが、ここでは主によく使われていて、安心できるタケダ漢方便秘薬やアローゼンを紹介します。

便秘薬は使用には十分注意してください。女性なら妊娠中や授乳中の場合は、注意しなければなりません。できれば医師に相談してから使用しましょう。

タケダ漢方便秘薬の効果はどんなもの?

タケダ漢方便秘薬は、市販されている便秘薬の中でも使いやすい上に手に入りやすい薬です。そして、漢方薬を使用しているため、効果はマイルドだと考えられます。ところが、漢方薬といっても使い方や使用量を間違うと、便秘の解消どころか、体を悪くしてしまうことがあるので注意しましょう。タケダ漢方便秘薬は、値段も手ごろで2500円程度と今使用しなくても、もしものときのために自宅に一つ置いておくにはちょうどいい便秘薬です。

この便秘薬は、大黄甘草湯を使っています。いわゆる生薬と呼ばれる薬ですが、大黄と甘草の2種類の生薬を配合したものです。その効果は、大腸を刺激して便を促す大腸刺激下剤と呼ばれるものになります。

タケダ漢方便秘薬の使い方は、就寝前に使用することです。就寝前に飲めば、起床時間には効果が表れてきます。便秘が解消すれば、痔や腹部膨満の解消の他、肌荒れにも効果があるということで、副次的な効果も期待できます。

一方、副作用といえば、服用した後に下痢になってしまいます。大腸を刺激するため、効き目がある方ほど、下痢に襲われます。だから、妊娠中の女性には使用しないように説明書きに書かれています。

病院での便秘治療でよく使われるアローゼン

アローゼンは、病院で便秘治療を受けている人ならば、一度は目にしたことがある薬かもしれません。アローゼンの主成分は、センナと呼ばれ、アントラキノン系の下剤になります。大腸を刺激し、排便を促す「大腸刺激性下剤」となっています。アローゼンは黄色い包装に入っていますが、なぜか漢方薬のような匂いがします。

アローゼンは漢方薬のような匂いがするわけですが、センナや大黄、アロエなども同じ生薬として便秘薬に使われています。先ほどのタケダ漢方便秘薬も名称のとおり、生薬が配合されています。

アローゼンは即効性のある便秘薬です。そのため、医師の処方により使うことがほとんどです。ところが、長期連用すると、効果が薄くなってきます。さらに連用を続けると、便秘薬に依存しないと排便ができなくなりますので注意してください。

アローゼンは副作用が少ない下剤なので、高齢者にもよく使われています。こちらも妊娠中の方には早産や流産の危険性もありますので、十分注意してください。

まとめ

便秘で悩む女性は必ずといっていいほど、便秘薬を常用しています。慢性の便秘で医師にかかっている人も、市販の便秘薬を使うことがあります。ここでは、代表的な便秘薬、タケダ漢方便秘薬やアローゼンを紹介しました。

値段もそれほど高くありませんし、できれば、排便が数日間止まって困ったときに利用してください。便秘が解消すれば、肌荒れや吹き出物も解消するといったうれしい効果もありますが、依存症にならない程度に服用してください。