便秘に困っているすべての方へ

ヘッダー

腸内環境を健康に保てば、大腸ガンなどの恐ろしい病気とも無縁!

    

腸は食べたものを消化し栄養を吸収するとても大切な人間の体の器官です。ところが、胃のほうを大事に考えてしまい腸のことにまで頭が回らないこともあります。食生活の乱れやストレスなどで腸内環境が悪化すると、腸の働きが弱ってしまい、腸から体全体へと悪い影響が伝わってしまいます。
 
 
最終的には大腸ガンなどの恐ろしい病気へと繋がってしまいます。ガンになってしまえば、健康を害してしまい人生を台無しにしてしまいます。だからこそ、正しい腸の知識を知り、毎日の生活の中で健康を維持し生き生きとした人生を送るようにしましょう。そこで、腸内環境と大腸ガンとの関係についてお伝えします。

腸が人間にとって大切な理由と便秘について

腸が人間にとって大切で、特に腸内環境を正常に保つことが最も大切なことであると知れば、今日からでも体にいいものを食べたり、便秘の解消に努めるでしょう。体には消化器官があって全て繋がっていますが、胃の途中からは十二指腸や小腸、さらには大腸といった体の器官が繋存在しています。
   

毎日、おいしい食べ物を食べるとは思いますが、腸はその食べ物や飲み物の栄養を吸収するわけですが、人間の体や体の血液は人間の生命の源です。また、腸の免疫機能にも注目が集まっており、有害な細菌やウイルスは全て排除していき、体を病気から守る働きもあります。
   

腸と便秘の関係でいえば、健康な腸壁の粘膜のヒダはきれいなピンク色をしています。ポリープといった腸の異常がない人は、健康で肌もツヤツヤしています。逆に便秘がちな人は、年齢が老けてみえますし、生活習慣病を抱えているような人が多くなっています。
   

便秘の原因は、食生活にあることが多く、肉類中心の食生活であったり、加工食品ばかりを食べていたり、過度なダイエットをしている人は要注意です。さらに適度な睡眠や適度な運動がないと、便秘になる可能性も高くなります。また、悩みの多い人は、ストレスを溜めやすく、仕事や家事・育児などでいろいろと気に病んでいるのであれば、ストレス解消法も身に着けたほうがいいでしょう。
   

腸内の細菌が大腸ガンにどう影響するのかを考える

腸内環境が人間の健康にとってはとても大切で、健康であれば、若さにも影響します。できれば、いつまでも若く健康でいたいものです。腸内環境をきれいな状態に保つためには、腸内細菌の存在に注目を当てる必要があります。腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、さらには日和見菌といった主に3種類が存在しています。そのうち、体の健康にとって最も必要な細菌が善玉菌です。
   

善玉菌は、腐敗物や有害物質を発生させる悪玉菌を排除する働きがあります。腸内の状態は、先ほどの3種類の細菌のバランスによるところが大きいともいえます。善玉菌は歳と共に減っていきます。成人では20%程度ですが、老年期には数%程度にまで減ってしまいます。善玉菌が減って悪玉菌が増えると、当然ながら腸内に腐敗物が溜まり、有害物質もたくさん発生しやすくなります。体にも異変が起こり、便秘や下痢を繰り返すことになります。
   

大腸ガンへの影響ですが、悪玉菌が作った有毒物質の悪影響により免疫力も低下し、発ガン物質への抵抗力も弱まります。そして、大腸にポリープや大腸ガンのできやすい環境が出来上がります。大腸ガンの発生にはポリープの発生も忘れてはいけません。腸内にポリープが見つかったら、便の状態に気を付け悪玉菌が増えないよう、善玉菌を増やす工夫をしてください。
   

大腸ガンを事前に予防するためにも腸内の善玉菌を増やそう

大腸ガンは、初期のころには自覚症状がありませんが、便潜血反応検査で腸内での微量の出血を発見することがあります。腸内にガンやポリープがあると、便が細くなったり、排便後にも便が残っているような感覚が残ります。場合によっては血便も出ますので、ガン検診を受けたほうがいいでしょう。

さて、大腸ガンにならないためにも、毎日の健康的な生活を送れるよう、食生活に気を配るようにしましょう。大腸ガンの原因ともなっているのが、高脂肪・高タンパクの食事です。野菜に含まれる食物繊維は、善玉菌を増やし腸内環境も正常にするわけですが、肉類などの高タンパク質の食事は、悪玉菌を増やす結果になってしまいます。

野菜に含まれる食物繊維は、善玉菌の栄養分にもなっています。善玉菌が必要とする野菜の量も年々少なくなっており、逆に肉類を食べる人が増えてしまったため、大腸ガンにかかるような人も増えてしまいました。

食物繊維を食べる量と大腸ガンにかかる確率には相関関係もあるのでは、というデータも発表されています。食べ物の中では、普段の食事で摂取できる大豆などの豆類、干しシイタケ、切り干しダイコン、ゴボウ、海藻類などを意識的に食べることで、たくさんの食物繊維を摂るようにしてください。

まとめ

腸内環境を整えることで、大腸ガン他、生活習慣病などの恐ろしい病気を防ぐことができます。腸内には善玉菌や悪玉菌がいて、善玉菌を増やすことで、有害物質を発生させる悪玉菌を減らすことができます。善玉菌は歳と共に減っていきます。
   

便秘や下痢になると、大腸ガンやポリープの疑いもあります。食物繊維を多く摂るような食生活を心がけましょう。具体的には、大豆、干しシイタケ、切り干しダイコン、ゴボウ、海藻類などを食べることで、大腸ガンになる確率を減らすことができます。普段の食生活を少し見直すだけで、腸内環境をよりよいものに維持することができます。