便秘に困っているすべての方へ

ヘッダー

痔の原因

    

痔は大変な病気です。常に排便時が苦痛になります。最近、日本ではシャワートイレが普及して、痔を持つ人にとっては優しい時代になったのかもしれません。

しかし、痔はシャワートイレだけでは治りません。しかも、病院に行って診察してもらうにもハードルが高すぎます。もしかしたら、痔になる原因が分かれば、痔になることを防ぐことができるかも知れません。

ということで今回は、痔の原因について説明していきます。

 

二足歩行が痔の原因の一つ

二足歩行ができたおかげで、人間は複雑な現代文明を築きあげることができました。

しかし、弊害も無いわけではありません、肛門が心臓より下部にあるために、うっ血することが多く、その結果痔になるというのです。痔は人間の特有な病気であるということができます。

痔のみならず、腰痛もこの二足歩行によるものですが、便利な生活や高度な成長の代償ってのはあるもんですね。。。

 

便秘という痔の原因

便秘は便が硬くなるので、排便時に肛門部に負担を掛けることになります。

したがって、切れ痔になるリスクが高くなるといえます。また、それを繰り返すことになると痔核の原因にもなるといわれています。

便秘は治療せずに放っておくと痔を悪化させますので、腸内環境を整える、朝食を摂る、といった努力をしていきましょう。

 

排便時間という痔の原因

排便時間が長いという場合も問題があります。朝、トイレで10〜20分頑張る人も多いですよね。確かに、毎日スッキリとしたい気持ちも分かります。

しかし、排便で一生懸命力みすぎると、肛門に大きなダメージを与えます。便器での詩背も肛門の負担になるので、トイレ時間は1~3分で終わらせましょう。

 

暴飲暴食をしすぎても痔の原因に

暴飲暴食を続けると、腸内環境を悪化させることになります。その結果、便秘や下痢を引き起こすことになります。そうなれば、痔になる確率が一気に上がります。暴飲暴食は痔のみならず、他にもデメリットが多いのでやめるようにしましょう。

 

まとめ

痔になる原因は、これらの他にも多くあります。アルコール、座りっぱなしの生活、ストレスに多くさらされる、体の冷え、などといった原因があります。できるだけ痔で悩まないように、原因になる行動を慎みましょう。