便秘に困っているすべての方へ

ヘッダー

3大痔のイボ痔/きれ痔/痔ろう

    

痔になるとトイレ時間が、地獄タイムになってしまいます。

痔の人がトイレに入っていると、たまに唸り声や悲鳴が中から聞こえることがあります。痔にも色々な種類があるようです。自分が痔で苦しめららる前に、痔の種類と予防法、対処法について説明してみます。。。

 

イボ痔について

イボ痔(痔核)とは、肛門の血行が悪化して、血管の一部がうっ血していぼ状になったものをいいます。

直腸と肛門の境界より内側に発生したものを「内痔核」といいます。外側にできたものは「外痔核」といいます。内痔核の場合、痛みが無いので出血で気づくことが多いといいます。一方で、外痔核は痛みがあるのですぐ気付きます。

女性は男性と比較してイボ痔になりやすいようです。特に妊娠中や出産時、肛門に負担がかかるので、女性はイボ痔に悩まされやすいです。

アルコールや辛いものはイボ痔を悪化させますので、摂取を控えましょう。

 

切れ痔について

硬い便によって、肛門部分が切れたりさけたりしてできた痔です。便秘に悩む人が、切れ痔になりやすいといわれています。

便秘で悩む人の便は、通常の便と比較して、とても固いです。また、便秘に悩む人は男性よいも女性に多いことから、女性の方が男性よりも切れ痔になりやすいといわれています。

激しい痛みがあるので、排便を我慢して便秘を悪化させてしまうという悪循環に嵌っていきます。この痔を改善したければ、便秘を解消しましょう。そのために、腸内環境を整えるようにして毎日気を付けましょう。

 

痔ろうについて

肛門の周囲が便などの細菌によって炎症を起こし、「おできの様なろう管」のことをいいます。中年から老年の多くの男性がこの病気に苦しんでいるようです。手術して治療する必要があります。

どちらかというと、痔ろうは鋭い痛みというよりは、鈍い痛みになります。しかし、痔ろうの部分から膿が混じった分泌液が出てきて、臀部が汚れるので後始末が大変です。。。

 

まとめ

今回は主な痔である、イボ痔、きれ痔、痔ろうについてまとめてみました。痔になっても、なかなか病院に行かないという人もいるのではないでしょうか。しかし、自分の力で痔を直すことはとても難しいので、専門家に早急に診てもらうことをお勧めします。