便秘に困っているすべての方へ

ヘッダー

うんちの色はそもそも何色?

    

うんちの色というのは、黄土色や茶色などといったイメージが強いかと思います。漫画にも出てくるような色のイメージを私たちは抱いています。実際に、自分の便の色を確認する事もあるかと思いますので、うんこの色というのは皆よく知っている常識なものです。

 

ただ、そのうんちの色というのは人それぞれで異なります。身体の調子が良い人と悪い人の便は、色も形も全然違うでしょう。そういう意味で、うんちというのは健康のバロメーターでもあります。

 

しかしながら、そうしたうんちの色というのは、どうして変わってくるのでしょうか?今回は、それらを簡単にまとめてみました。

 

茶色になるのはなぜ?

 

うんちが茶色なのは、肝臓で生成される黄褐色の胆汁によるものです。実は、この胆汁は体内の中で酸化や還元を繰り返し、黄色になったりしますが、最終的に酸化を受けるので茶色になります。この色素こそが大便の色を作るのです。

 

この過程の中で、酸化と還元が行われるのですが、アルカリが強めになると茶褐色から黒色へ。

酸性が強めになると黄色からオレンジ色へと変わっていきます。

 

よくお肉を食べ過ぎると、排便にも影響があると言われていますが、それは肉が腸内の菌をよく保つ事ができないので、腸内がアルカリになるからです。つまり、肉を食べる→アルカリに→茶褐色から黒色の排便。となってしまうのです。

 

逆に腸内の細菌バランスがよく保たれていれば、弱酸性に保たれるので、良い色のうんちがでるというわけです。

 

危ないうんちの色:赤と黒

うんちの色が赤色だと誰もが不安に陥るでしょう。肛門付近で出血を催している事を意味しているので、お医者さんへ行くべきです。

黒色のうんちについては、食物由来の色が原因の場合もあります。イカスミを食べても黒色になると言われていますので、黒色=悪いと必ずしも言い切れません。

 

ただ、そうした真っ黒なうんちがずっと続くようであれば、要注意です。胃や小腸などで出血をしている可能性が考えられます。血は通常赤いですが、酸化(空気に触れる)すると黒色に変色します。血の成分は鉄分が豊富に含まれていますので、時が経てば鉄が黒くなっていくのと同じです。

 

つまり、空気に触れる時間が長い=「肛門から遠い部分」に出血が起こると、真っ黒なうんちが排泄されます。ここから自分が胃がんであったということが、分かったという例もあるようです。

 

このように、真っ黒なうんちというのは、体内のどこかで異常をきたしている可能性が高いので、お医者さんに見てもらいましょう。