便秘に困っているすべての方へ

ヘッダー

黒いうんち;出血や便秘が原因

    

・黒い便はどんな健康状態?

あなたの今日の便が黒色だったらどうしますか?ちょっと驚いてしまいますよね。それと同時に、もしかしたら、自分の便の中に血が混じっているんじゃないかと、ちょっと心配になってしまいますよね。さて、今回は危険な黒色の便について説明します。

 

黒い便は危険

黒い便は、別名「タール便」とよばれています。石炭からできる副生成物である「タール」にそっくりということで、そのように言われているのです。

それでは、腸や胃での出血が原因で、黒い便が出てくるのでしょうか?そういうケースもあるようです。基本的には、血液と胃酸が混じることで黒色の便となって排出されます。また、食道から出血していた場合も、同じ結果になることが考えられます。肛門から遠い場所にある出血になると、その分排出まで時間の経過があります。その際に血液が酸化して黒くなっていまいます。

タール便が発見された場合、結構な量の出血が考えられます。この場合、病院で出血を止める処置をしてもらう必要があります。したがって、早急に病院に行って、胃や十二指腸などの消化器系を検査してもらうようにしましょう。

 

黒い便は便秘の印

また、消化器系の出血よりは重篤な症状とは言えませんが、極度の便秘に悩まされている人の便も黒色になる傾向があるようです。どうして、便秘の人の便が黒色になるのでしょうか?

便を体の中に貯めておくと、排せつ物が徐々に腐敗していきます。それによって、悪玉菌が腸内に溜まってしまい、便が黒くなってしまうのです。

さて、便秘による黒色の便は、どのようにしたら普通の色に戻るのでしょうか?

答えは簡単です。諸悪の根源である便秘を治すことです。腸内環境を改善するために、善玉菌を増やすサプリメント、食事を摂るようにするべきです。乳酸菌、オリゴ糖、ビフィズス菌を摂取して、腸内環境を整える努力をしましょう。そうすれば、そのうち茶色い健康な便と対面できます。

 

まとめ

黒い便は、見るからに不自然な色をしています。色を見れば少し自分の健康状態が悪いことが確認できます。タール状の便を発見したら、大事をとって病院に行って、診察してもらうことをお勧めいたします。